海外生活のあれこれ~マツコのフランス駐在日記~

旦那の仕事の都合でフランスに来て1年、海外赴任中のあれこれを書き留めていきます。

Maison Colibri(メゾンコリブリ)のマドレーヌが美味しい!

f:id:matsuko_ma25:20190306023141j:plain
フランスのスーパーでは、たくさんの美味しいお菓子との出会いがあります。百貨店やパティスリーに行かなくても、本格的で美味しいお菓子が楽しめるのは、本当に嬉しい限りです。

今日はお土産にもおすすめのお菓子、Maison Colibri(メゾンコリブリ)をご紹介します。

 

Maison Colibri(メゾンコリブリ)ってどんなお菓子?

f:id:matsuko_ma25:20190306054046j:plain
Maison Colibri(メゾンコリブリ)HP

最近までメゾンコリブリってよく知りませんでした。スーパーで見掛けて、フランスっぽいパッケージだな~くらいの印象でした。そこで、メゾンコリブリについて調べて見ました。

メゾンコリブリの起源は、遡ること1896年、フランス大西洋岸の地方都市Pons(ポン)にあるビスケット工場から始まりました。ボルドーの近くですね。

柔らかなマドレーヌの片面をチョコレートコーティングしたことで、そのユニークな組み合わせが評判を呼び、人気お菓子の仲間入りをしていきました。

原材料には、フランス産の食材(小麦粉や砂糖など)を使用して作られています。

特に、伝統的な製法で作られるイル・ド・レの塩や、EU共通の食品品質保証制度AOPの認定を受けたシャレント・ポワトーのバターを使うなど、こだわりの材料が使われています。

また、合成着色料など不使用な点も特徴です。あえてシンプルなレシピを探求して製造されています。海外のお菓子だと原材料は気になるところですが、これならば安心ですね。

メゾンコリブリの商品ラインナップは、マドレーヌ、ブラウニー、フィナンシェ、パウンドケーキがあります。では、どんな味があるのか見ていきましょう。

 

Maison Colibri(メゾンコリブリ)のマドレーヌ!

f:id:matsuko_ma25:20190306023255j:plain

この写真は、定番チョコレートシェルのマドレーヌです。写真を見ておわかりいただけるように、マドレーヌの裏面だけチョコレートコーティングがされているのが特徴です。

このマドレーヌ、とっても美味しかったです! 

チョコレートコーティングは、食べるとパリッとなるくらいちょっと厚めのコーディングがされています。しっとりとしたマドレーヌの生地とチョコレートの組み合わせが程良い甘さで、一気にぱくぱく食べてしまいました。

ボンヌママンのマドレーヌよりも好きかも。このマドレーヌは、モノプリで8コ入り3.9ユーロでした。

マドレーヌは全5種類あり、チョコレート以外には、プレーン・ピスタチオ・ラズベリー・メープル&ナッツがあります。

パッケージも可愛いし、フランス土産にも良さそうですね。

 

メゾンコリブリのブラウニーやフィナンシェ、パウンドケーキも美味しそう!

 
 
 
View this post on Instagram

Maison Colibriさん(@maison_colibri)がシェアした投稿 -

メゾンコリブリの商品ラインナップは、マドレーヌの他に、ブラウニー、フィナンシェ、パウンドケーキがあります。

  • ブラウニー(チョコレート)
  • フィナンシェ(アーモンド/ココナッツ)
  • パウンドケーキ(バニラ/キャラメルナッツ/ナッツチョコレート)

インスタの写真はナッツチョコレートのケーキですね。美味しそう!

 

Maison Colibri(メゾンコリブリ)はまだ日本に店舗がない

f:id:matsuko_ma25:20190308193011j:plain

2019年3月現在、メゾンコリブリはまだ日本に店舗がありません。2018年に首都圏では、期間限定ショップでの販売がありましたが、その時も一部マドレーヌとブラウニーの販売だけでした。まだまだ日本では手に入りにくいようです。

手頃なお値段で、パッケージも可愛いですし、お土産にぴったりですね!

フランスのスーパーのお菓子について、こちらでもご紹介しています。

matsuko-blog.hatenablog.com

まとめ

  • Maison Colibri(メゾンコリブリ)は、こだわりのフランス産食材が使われた焼き菓子メーカー
  • チョコレートシェルのマドレーヌが定番人気で美味しい!
  • マドレーヌ以外にも、ブラウニー・フィナンシェ・パウンドケーキがある
  • 日本ではまだ手に入りにくいため、お土産にもぴったり!

以上、メゾンコリブリについてまとめてみました。

メゾンコリブリの製造販売元は、2017年より経営方針を変えたため、それによって味のラインナップを増やしたり、日本での限定販売をするなど、展開の幅を広げています。今後、日本でも手に入りやすくなる日も近いかな?楽しみです。

マツコ